母谷たつのりウェブサイト

ご意見・ご要望はこちらから
市政報告
天皇陛下御即位二十年
母谷の発言
 
【 平和大通りリニューアル事業 】
平和大通りは広島の戦後復興におけるシンボル的存在であり、現在では市中心部を東西に貫く、なくてはならない都市計画道路です。しかしながら昨今の交通渋滞の問題は深刻を極めており、この解消と今後の都市活性化のためにこの空間を有効に活用しようとするものです。先人たちが築き、残した平和大通り及び平和記念公園一帯をより魅力ある空間としてリニューアルするため、平成12年度から13年度にかけて幅広く意見を聞き「平和大通り将来構想」に基づいて基本計画の素案を作りました。基本計画が目指すものは戦後復興の都市計画により定着した機能である交通機能・防災機能等をさらに高度化させ、復興の記憶を継承することを基本に新たな目標を掲げます。平和大通りや平和公園、橋の架け替えなど斬新なデザインに加え、人と車の必要性に応じ機能的で美しい風景を作り出します。また、昭和30年に県内各地から復興のために寄せられた1万2千本の供木運動は現在の樹木の原型をなしています。大切な広島の財産、現在に生きる私たちに課せられた重大な責務であると思います。寄せられた多くのアイデアのなかには世界に誇れる日本のシャンゼリゼに改造を!という声もあります。皆さんもこの計画に参加してこの事業を成功させましょう。


2003年 9月27日

平和大通りリニューアル事業

平和記念公園及び周辺地区の整備と合わせ大通りはゾーン別に整備することとしています。